布製バーチカルブラインドは角度を変えることで遮光できる!バーチカルブラインドの種類・価格帯・選び方をご紹介

バーチカルブラインドのルーバーは、布製・アルミ製・木製の素材から選ぶことが可能で、価格帯もさまざまです。種類が豊富だからこそいざ購入しようと思っても迷ってしまう人も少なくありません。

そこで今回は、バーチカルブラインドの種類や選び方をまとめました。布製バーチカルブラインドや木製バーチカルブラインドなど、お部屋のイメージにぴったりなものを選択できるよう、ぜひ参考にしてみてください。

遮光ができて優しい素材の布製バーチカルブラインドが評判!住宅に取り付けるバーチカルブラインドの種類と選び方

電球と山積みの本

住宅に取り付けるバーチカルブラインドで、人気のあるスタイルの選び方を解説します。

ルーバー(羽根)の素材

バーチカルブラインドのルーバーの素材には、布製、木製、アルミ製があります。部屋の雰囲気や用途によって自由に選ぶことが可能です。

布製バーチカルブラインドは、通常のカーテンのように柔らかい素材で遮光性もあり、リビングなど家族で過ごす時間が多い部屋に使うのがおすすめです。

木製バーチカルブラインドは、リゾートホテルのようなインテリアや非現実的なひとときを過ごすような空間によく合います。天然木の贅沢な素材ということもあり、価格帯は他の素材よりも高めです。

オフィスなどでよく見られるアルミ製バーチカルブラインドは、メンテナンスがしやすくルーバーも丈夫なため、不特定多数の人が集まる公共の場所に選ばれることが多いです。また、遮熱効果が他の素材よりも高められるのが特徴です。アルミ素材ならではのスタイリッシュな空間にしてくれます。

バーチカルブラインドのスタイル

バーチカルブラインドのスタイルには、シングルスタイルとセンターレーススタイル(レース生地とメインのルーバーが交互に組み合わさったスタイル)があり、さらにバックレーススタイルが発売されました。

シングルスタイルの場合、ルーバーに使われる素材は1種類のため、比較的低価格で購入できるのが特徴です。従来のバーチカルブラインドは、シングルスタイルの綺麗な縦のラインが人気でしたが、ルーバーの間から部屋の中が見えてしまったり、直射日光が差し込むことがあったりしたため、レース付きのスタイルが後発で出てきています。

センターレーススタイルやバックレーススタイルはプライバシー保護と遮光対策に役立ちますが、シングルスタイルのようなスッキリとした見た目とは少し違って見えてしまいます。実際にショールームで現物を見てからどちらにするかを決めるとよいでしょう。

ルーバーの幅

バーチカルブラインドのルーバーの幅には、100mmと75mmの種類があり、それぞれ機能や雰囲気が異なります。

100mmのルーバーは、75mm幅よりも羽根の枚数が少ないため比較的お求めやすくなっています。見た目的には、縦のラインの数が減るため少し柔らかい雰囲気になります。

一方の75mmのルーバーは、幅が細く枚数が多くなるため高価になります。しかし、細い縦のラインが美しいことから、75mm幅を指定される方も多いです。

人気のポイントは縦のライン!縦型ブラインドの先をいく新しいスタイルのスマートカーテンはHAND IN HANDのホームページをご覧ください

バーチカルブラインドのある部屋01

バーチカルブラインドは他のウィンドウトリートメントと比べると、歴史の浅い窓装飾に思えるでしょう。しかし、縦のラインがとても美しく高機能ということもあり、今ではすっかり定番のウィンドウトリートメントとしてその存在を確立しています。

HAND IN HANDでは、従来の布製バーチカルブラインドの先をいくスマートカーテンを製造・販売しています。一般的な布製バーチカルブラインドの機能性、デザイン性よりもさらに進化した、丸みを帯びた綺麗な縦のライン。レースとドレープを一瞬で切り替えて調光できる便利なカーテンです。

角度を変えることによって遮光が可能で、カーテンを閉めた状態でも通り抜けることができる不思議なカーテン。そんな新しいスマートカーテンについては、HAND IN HANDのホームページをぜひご覧ください。

カーテンやブラインドにこだわりたい方はこちらをチェック

布製バーチカルのブラインドのご購入はHAND IN HANDへ

会社名 有限会社ヨシダ工業サービス
製造・販売業者 HAND IN HAND
運営統括責任者名 慶田盛 直哉
住所 〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目264−10
TEL 098-886-3866
メールアドレス handinhand@vesta.ocn.ne.jp
URL https://smart-curtain.com/
PAGE TOP