レースカーテンは透ける!?透過性(透け感)についてPart1 装飾性を高めて昼夜のプライバシー・防犯対策にも役立つカーテンを

昼間、プライバシー対策のためにレースカーテンのみで過ごすという方は少なくありません。ところで、レースカーテンがどれくらい透けるかご存知でしょうか。

レースカーテンの透過性(透け感)は、使用するレース生地や加工、環境によっても異なります。よりプライバシーの保護を重視したいというケースでは、ミラーレースカーテン、遮像カーテンという選択肢もあります。それぞれのカーテンのメリット・デメリットをまとめていますので、ご覧ください。

プライバシー・防犯対策にはどのカーテン?それぞれのメリット・デメリット

メリットとデメリットが書かれた紙

レースカーテンには、透過性(透け感)が高く透けるもの、透過性(透け感)が低く透けにくいものがあります。

プライバシー・防犯対策を重視するのであれば、目の詰まった生地で、透過性(透け感)が低く透けにくいものを選ぶのがいいでしょう。ただ、生地の織り密度が高くなる分、見た目が重たい印象になってしまうかもしれません。

一方、ミラーレースカーテンや遮像カーテンはプライバシー対策を目的に開発されています。ミラーレースカーテンは外側に鏡のような光沢を持たせているため室外からは見えにくく、室内からは見えるという特徴があります。遮像カーテンは昼夜問わず、室外からも室内からも見えにくいのが特徴です。

どのカーテンにもメリット・デメリットはあるため、もしもプライバシーの侵害をそこまで心配する必要がないのであれば、直射日光を遮るだけでよしとして、光と風を気持ちよく取り入れた開放的な空間を楽しんでいただければ幸いです。

なぜなら、本来はそれが一番幸せな空間だと思います。そんな素晴らしい環境にわざわざ、ミラーレースカーテンや遮像カーテンといった機能性カーテンを取り入れることはとてももったいないことです。

HAND IN HANDでは、オーダーメイドのカーテンを提供しています。ドレープカーテンとレースカーテン一体型の、ほどよく透けるスマートカーテンです。プライバシー対策を施したカーテンをオーダーしたいということでしたら、販売店へぜひご相談ください。

レースカーテンの装飾性を存分に楽しむなら

装飾性の高いウィンドウトリートメントをご希望でしたら、レースカーテンで楽しみましょう。

特殊加工を施していないレース生地は、薄手で軽やかで手触りがよく、とても心地よいものです。最近では、天然のコットンや麻を使ったカーテンも多く、爽やかで温もりのある素材感がリラックス効果を高めてくれると、注目されています。

そのほか、エンブロイダリー(刺繍)レースもおすすめです。透け感のあるレース生地に施された繊細な刺繍が、お部屋を一気にエレガントな雰囲気にしてくれます。その素敵なエンブロイダリーレースをフロントに持ってきて、ドレープはあえて無地の濃い色をお選びください。そうすることで美しい刺繍が強調されて、ハイセンスなウィンドウトリートメントに仕上がります。(フロントレーススタイル)

インテリアにこだわりたい方は、まずはカーテンの装飾性を高めることをおすすめします。

昼夜のプライバシー・防犯対策にもおすすめ◎ドレープカーテンとレースカーテン一体型のほどよく透けるスマートカーテン

スマートカーテンを使用している家03

レースカーテンは、使用している生地、織り密度によって透け感が異なります。一般的な透けるレースカーテンのみでは、プライバシー・防犯対策は十分とはいえないでしょう。

とはいえ、プライバシー・防犯対策のためにミラーレースカーテンや遮像カーテンといった機能性カーテンを取り入れると、閉塞感が出てしまうかもしれません。

開放感のあるカーテンをお求めでしたら、HAND IN HANDのほどよく透けるスマートカーテンがおすすめです。ドレープとレースをクルっと切り替えられるため、昼夜のプライバシー保護と視野確保の調整が可能です。画期的なスマートカーテンをぜひ一度ご覧ください。

カーテンやブラインドにこだわりたい方はこちらをチェック

プライバシーを守るほどよく透けるレースカーテンのお求めならHAND IN HAND

会社名 有限会社ヨシダ工業サービス
製造・販売業者 HAND IN HAND
運営統括責任者名 慶田盛 直哉
住所 〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目264−10
TEL 098-886-3866
メールアドレス handinhand@vesta.ocn.ne.jp
URL https://smart-curtain.com/
PAGE TOP