ウィンドウトリートメントはレースカーテンやインテリアでおしゃれに!デザインやサイズは?寝室におすすめのタイプをご紹介

インテリアとして窓をおしゃれに演出することができるウィンドウトリートメント。レースカーテンやロールスクリーン、ブラインドなどのアイテムを、お部屋のイメージや用途に合わせたデザイン・サイズを選んで楽しみます。ただし、おしゃれに装うだけでなく、カーテンの役割を持たせるということも忘れてはいけません。

そこで今回は、ウィンドウトリートメントに用いるアイテムの役割と寝室におすすめのタイプについてご紹介します。窓まわりのインテリアをお考えでしたら、ぜひ参考になさってください。

ウィンドウトリートメントに用いるレースカーテンやブラインドなどの役割とは?

クエスチョンマークと人差し指

窓まわりを装飾するアイテムには、カーテンやレースカーテン、ブラインドなどがあります。最近では窓の存在感を重視している家も多く、インテリアデザインを楽しむ上で重要な役割を担っているアイテムです。

また、ウィンドウトリートメントにはインテリアを構成する以外にもさまざまな役割がありますので、下記にご紹介します。

プライバシーを確保できる

通路や隣家に面した窓は人からの視線が気になるもの。ウィンドウトリートメントのアイテムは、視線を遮り、外から部屋の中が見えないようにする役割もあります。特にミラーレースカーテンや遮光カーテンは、プライバシーを守るのに適したアイテムといえるでしょう。

省エネ効果がある

ウィンドウトリートメントのアイテムのなかには断熱や保温などの機能が付いているものもあり、省エネ効果が期待できます。断熱や保温機能付きのアイテムを取り入れることで、夏場は涼しく、冬場は温かい室内環境を作ってくれてより過ごしやすくなるでしょう。

寝室におすすめのウィンドウトリートメント

ウィンドウトリートメントは、お部屋のイメージや用途に合わせてアイテムを選ぶことで、居心地のよい空間を演出することができます。

リビング・ダイニングや子供部屋など、部屋別におすすめのウィンドウトリートメントがあるなかで、今回紹介するのは寝室におすすめのウィンドウトリートメントです。

寝室は真っ暗じゃないと眠れない、豆電球も気になるという方は少なくありません。いつでもどこででも眠れるという方もいれば、寝室の環境で悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

明かりが少しでもあると寝付けないということでしたら、ウィンドウトリートメントに遮光1級のカーテンを選ぶといいでしょう。気に入ったカーテンがあるのに遮光1級でなくお困りの場合は、遮光1級の裏地用カーテンを縫製してもらうのもひとつの手です。良質な睡眠はとても大事ですので、生活環境に合った空間づくりをしましょう。

一方で、多少の明かりがあっても眠れる方には、あえて遮光性の低い、光を通すカーテンをおすすめします。「太陽の自然光で目覚める」それによって体内時計が整い、朝スッキリとした目覚めが得られます。また、体内時計が整うことで夜の睡眠導入がスムーズになるでしょう。これはお子さんがいらっしゃるご家庭では押さえておきたいポイントかもしれません。

ウィンドウトリートメントに用いるアイテムはデザイン・サイズをチェック!窓の大きさや部屋の雰囲気に合わせて選ぼう

スマートカーテン02

カーテンやレースカーテンなどウィンドウトリートメントに用いるアイテムには、プライバシー保護や省エネ効果などの役割を持つものがあります。デザインやサイズを意識しつつ、付帯機能もしっかり確認して選ぶようにしましょう。

また、ウィンドウトリートメントはお部屋の雰囲気に大きく影響するため、部屋ごとにイメージや用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

HAND IN HANDでは、ドレープカーテンとレースカーテン一体型の生地を使用したスマートカーテンの製造・販売を行っています。窓まわりのインテリアに適したカーテンです。窓の大きさ・サイズに合わせたものを提供できます。実測・施工については、販売店へお気軽にご相談ください。

カーテンやブラインドにこだわりたい方はこちらをチェック

ウィンドウトリートメントにレースカーテンを選ぶならHAND IN HAND

会社名 有限会社ヨシダ工業サービス
製造・販売業者 HAND IN HAND
運営統括責任者名 慶田盛 直哉
住所 〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目264−10
TEL 098-886-3866
メールアドレス handinhand@vesta.ocn.ne.jp
URL https://smart-curtain.com/
PAGE TOP